業務内容
私たちは、ステンレス製タンクローリーによる液状食品素材輸送のエキスパートです。徹底した品質管理のもと全国約1,500箇所の輸送先拠点へお客様の大切な商品をお届けしています

基本方針

一、お客様第一主義
二、環境整備の徹底(礼儀・規律・清潔・整頓・安全・衛生)
三、重点主義(優先順位主義)

品質方針

輸送業務で、顧客(発荷主様)の商品をユーザー(着荷主様)へ確実にお届けし、 満足していただくことを基本とする。
液状食品素材を取り扱うため、社員研修や啓蒙活動を徹底しております。また、24時間体制の対面点呼、アルコールチェック等を徹底し、仮眠室や休憩室を設けドライバーの労働環境にも気を配っています。これは、すべてお客様の生産ラインの延長として機能する輸送『安全・安心な輸送』を実現する為です。また、生産ラインの延長として機能すべく衛生管理も徹底しています。特にタンクの洗浄には、CIP洗浄システムを採用、定期的な人の目によるタンク・ジョイント・ホースの点検・洗浄を実施し、弊社の品質を高水準に保っています。

輸送品質

ドライバーの制服は白

汚れやすい作業の多い職種では、汚れの目立たない色の制服を選ぶ事が多いと思います。弊社ではそれを逆手にとり、汚れたらすぐ分かるように、そして常に清潔に保つように制服の色は「白」を採用しております。また、FSSC22000取得企業様に対応し、異物混入防止の観点から、ポケットの無い制服(上着)を採用しております。

ミナトグループのドライバー精神

―輸送業務で発荷主様の商品を着荷主様へ確実にお届けし満足していただく―
  • 運転操作で手抜きをしないこと。
  • ルールを守ってひたすら正しく運転すること
  • 急ぎや焦りを抑え、いつも相手に礼儀正しく接すること
  • 自分が一歩引き、相手に譲ること
  • 法を深く認識し守ること
  • 常に安全を考えて運転すること
  • 人に配慮し、コミュニケーションに心がけ、良い人間関係を作ること
これが、絶えず変化する交通・気象状況の中をたった一人で大切な品物を守り抜く弊社ドライバーの信条です。

点検…日常点検、定期点検、タンク点検

道路運送車両法・自動車点検基準に則り定められた点検箇所を実施。日常点検については、タイヤの空気圧・亀裂・損傷の有無、ランプ類が点灯するかなど、運行前に必ずチェックしております。
定期点検については、実施すべき時期に必ず指定の整備工場にて点検整備をおこなっております。タンクについても同様に、ISO作業標準類に基づいて実施しております。
各種管理シート

車両点検整備標準

点呼…24時間点呼

弊社では法律で定められた24時間体制の点呼を行なっており、運行前・運行後のドライバーの健康状態・酒気帯びの有無の確認、道路・運行の状況などの確認の実施を行なっております。
健康面チェックの様子

点呼時に健康面もしっかり確認

その他の輸送品質向上のために

ドライバーが有効に利用できるよう、休憩・睡眠・仮眠のための設備を各営業所に設置。
健康診断を年2回実施しております。
設備の内観

社員研修

「社内研修」を毎月1回開催。参加できなかったドライバーには補講という形で全員受講。
荷主様・警察・団体より講師を招聘して研修を実施(随時)。
事故・クレーム等起因者による事例の発表を行ない、要因分析及び対策方法の周知及び情報の共有を行なっております。
研修の様子

講師招聘時社内研修

表彰等

「企業は人なり」精神でプロフェッショナルを目指しています。
  • 優良ドライバー表彰
事故・クレームを起こさなかったドライバーを表彰する制度。
(中には20年以上無事故・無クレームのドライバーもおります。)
  • 永年勤続表彰
勤続年数に応じて社員を表彰。
表彰式の様子

搭載機材

弊社の保有車両は輸送時の(燃費、急ブレーキや急ハンドル等)を把握するため、デジタルタコグラフや飲酒運転防止のインターロック(エンジン始動のアルコールチェック装置)を全車両に搭載しています。
また、後方の安全確認をするため、バックモニターを標準装備しています。

搭載機材のご紹介

バックアイカメラ外観

バックアイカメラ

バックアイカメラは、後方死角を少なくすることでドライバーが周辺状況を把握するための1つのツールとして機能しています。

乗車時のアルコールチェックの様子

インターロック

法令順守の中でも飲酒運転は、プロドライバーが絶対に行ってはいけないことです。そこで点呼時のアルコールチェックを発展させ、乗車時のアルコールチェックを行っています。お酒の原料やワインなどを輸送している弊社だからこそ、飲酒運転を行わない体制を整えています。

安全運転評価の様子

デジタルタコグラフ

ドライバーの安全運転をしてもらうために安全運転評価を行い、休憩時間・最高速度等の状況を評価し、乗務員に都度指導を行っています。

録画画面

実際の録画画像

ドライブレコーダー

事故やニアミスの状況が記録されるため、その映像を利用してドライバーの安全教育に活用しています。また、走行ルート上の危険箇所についての情報収集にも活用しています。
実際の事故の検証はもちろんのこと、日頃から安全運転に対する意識を向上させることに役立っています。

衛生品質

弊社は、ステンレス製タンクローリーによる液状食品素材の輸送を主体とした物流企業です。主要取扱輸送品目は「液糖類(異性化糖・水あめ・ショ糖液糖)、果汁、酒類、ミネラルウォーター、食酢、みりん、蜂蜜、発酵乳、食用オイル」と多岐に渡っております。食品輸送の分野において、最も重要なのは、お預かりする商品を「安全に、衛生的に、そして確実に」納入先企業様へお届けする事です。

洗浄設備について

食品素材を取り扱う上で、衛生管理の徹底は絶対条件のひとつです。洗浄終了後に必ず検査を実施することで食の安全を確保します。弊社では、柏営業所(千葉県柏市)、富士営業所(静岡県富士市)、弥富営業所(愛知県弥富市)、神戸中継所(兵庫県神戸市)の4拠点に自社保有の洗浄設備があり、このCIP洗浄システムは弊社の品質を高水準に保つための主要な構成要素です。ドライバーによる一連の洗浄作業は、ISO標準類に則した作業工程によって行なわれますので、いつでも最高の衛生品質で、お客様の商品をお届する事ができます。
※CIPとは:Cleaning In Place(定置洗浄)のことを言い、移動や分解を行なうことなく、定位置に車両を停め、配管等を接続したまま洗浄することができます。
洗浄設備画像

タンクローリーの洗車 — いつもきれいな車両で輸送します—

―車両は器(うつわ)である―
食品を運ぶ車両は食器と捉え、たとえ雨が降っていようと「器」を磨きます。車両を常にピカピカに磨きこむことで、お客様に不快感を与えません。当社では「環境整備の徹底」を基本方針として掲げています。タンクの表面を見ればドライバーがどれだけ熱心に洗車をし、拭き上げているかが分かります。心のこもった洗車をしているドライバーのタンクには水垢がつきません。
洗車の様子

安全帯を装着して洗車

タンク内・ホース・ジョイント類の洗浄・点検

タンク内やホース・ジョイント及びそれに使われているパッキンの汚れと亀裂をチェックしています。タンク内の洗浄作業と同様に、ホース・ジョイント類の洗浄・点検についてもISO標準類に則した作業工程により管理しています。
点検管理シート各種

手洗いの励行

食品を取り扱う手は作業を行なう上で最も重要です。お客様に不快感を与えないよう、手洗いを励行すると共に爪をこまめに手入れするよう実施しております。
手洗いの様子

環境整備パトロール — 良い仕事はきれいな職場から—

弊社では、「環境整備の徹底」を基本方針に掲げ、車両をピカピカにするだけでなく、作業場、駐車スペース、事務所内においても整理整頓、清掃、清潔を心がけております。(スタッフが定期的に環境整備の実施状況をチェック)
よく整理された職場の様子

管理体制

品質管理室の取り組み

ISO事務局として、全社的な品質向上に貢献しております。
  • 事故・クレームの原因分析、是正措置の決定周知、効果の確認
  • ドライバーのスキルチェック・指導(積込・洗浄方法)
  • 洗浄方法の妥当性調査(アレルゲン物質の調査など)
  • 新入社員研修の部分的なサポート(輸送品質と衛生品質分野を担当)

ISO9001+グリーン経営・安全性優良事業所

これまでの数十年により積み上げられた「高品質・高水準の輸送、食品衛生を十分に考慮した品質管理」の実績に基づき、液状食品素材の輸送に関する全ての業務をマニュアル化することにより、全社員が最高品質のサービスをお客様にご提供できる体制を構築しております。
輸送に付帯する様々な作業(直接的・間接的を問わず)を細分化し詳細に定義付けして管理することは、弊社のサービス全般の水準を維持・向上させるために大きく貢献しております。
各種ロゴ